返済に遅れてしまうと・・・

 

 

キャッシングの返済が遅れてしまった場合、支払い日の数日後にモビットから連絡が来ます。
通常は登録した電話番号にコールセンターのスタッフが個人名で連絡をします。
ですので職場に直接電話がかかってくることは滅多にないでしょう。

 

法律には賃金業法というものがあり、正当な理由がある場合以外は、自宅や職場への訪問や催促の電話を職場にかけたりすることは禁止されています。

 

ですが、どうしても電話がつながらなかった場合などは職場に連絡が行く可能性もあります。

 

登録した電話番号が自宅と携帯電話番号両方の場合どちらかの番号にかかってくるかはわかりませんが、借り入れをしていることを自分以外の人に知られたくないという場合は、携帯電話番号を登録することをお勧めします。
自宅の番号の場合、家族が電話に出てしまったり、留守番電話を残された場合自分以外の誰かがそれを聞いてしまうかもしれません。
その電話に出ることができなかった場合、モビットから留守番電話にメッセージが残ります。

 

留守番電話に気づいても無視し続けてしまうと、何度も電話が来たり自宅に書類が届いたり最後には勤務先に連絡が行き給料の一部差し押さえになってしまいますので、気づいたらすぐにかけ直すようにしましょう。
電話では、なぜ支払いが遅れてしまったのか、いつ支払うことができるかを伝えましょう。スタッフと話し合い、どのように返済できるか相談することもできるようです。

 

 

 

返済が滞り続けると裁判になってしまいます

 

審査が迅速で、緊急にお金が必要な時に手早く必要なお金を借りることができるモビットですが、
便利だからと言って借りすぎてしまうと返済が大変になってしまいます。

 

返済が数ヶ月に渡って滞ってしまい、この先も返済できる見込みが薄くなってしまうと、モビットから裁判を起こされてしまう可能性がありおます。

 

当然会社や親族にもバレてしまいますし、そもそも明らかに不利な裁判です。

 

時間や手間を考えても裁判はなんとかして避けたいものです。

 

もちろん、きちんと返済していればそのような事態にはならないのですが、失職してしまったなど、返したくても返せない状況も多々あります。
そのような場合どうすれば裁判を避けることができるでしょうか。

 

 

債務整理という手段もある
今のままの条件では返済が不可能な場合に,条件を調整してもらうのが債務整理です。
幾つかの種類がありますが,最も多いのが任意整理です。
司法書士にお願いして、債権者(モビットなど)と交渉してもらい、将来分の金利を免除してもらったり一括で返済することによって借金の総額を減免してもらうなど、
支払える範囲に条件を変更してもらうことができます。
これに応じてもらえない場合や、状況がもっと深刻な場合は裁判所に行って個人再生を申請するという方法があります。
原則として債務を五分の一に減免し,それを5年以内で支払うという新しい条件を適応してもらえます。

 
HOME 会員 審査 返済 利用